青汁は健康目的以外にもオススメな理由

青汁は健康食品として幅広い世代の方に知られている飲み物なのですが、実は健康目的以外にも、ダイエット効果・美容効果などにも期待出来ることをご存知ですか?ダイエットや美容にも効果的な理由をそれぞれ細かくご説明していきます。

青汁に含まれている代表的な野菜と特徴

青汁に含まれている代表的な野菜といえば“明日葉・ケール・桑の葉・ゴーヤ・モリンガ・クマザサ”などが上げられます。上記の野菜は普段スーパーで売られている野菜とは比べ物にならない程の栄養素やビタミン・ミネラルを持っています。その様な普段なかなか食べない高栄養の野菜を、青汁1杯で摂取できるのは嬉しい事ですよね。

青汁に含まれている野菜のダイエット効果

青汁に含まれている野菜はダイエットにすごく効果的な成分をたくさん持っていて、青汁は痩せたい方にもすごくオススメな飲み物です。運動が苦手な方や、なかなかダイエットが続かない。と言う方にも、1日青汁を1杯飲むだけのダイエットですのでオススメです。青汁に入っている野菜とそれぞれのダイエット効果を説明します。

明日葉

明日葉には食物繊維がたくさん入っている為、体の巡りが良くなる働きをしたり、体のむくみの原因となる“水分”や“老廃物“を解毒し、体の中から排出してくれる働きがあるので、むくみや下半身太りを解消してくれます。

モリンガ

モリンガにはたくさんのアミノ酸が含まれており、黒酢と比べると黒酢の45倍もアミノ酸が含まれています。他にも、赤ワインの13倍のポリフェノールが含まれていたりと体に良い(ダイエットに効果的な)栄養素ばかり入っています。モリンガにたくさん入っているアミノ酸は、基礎代謝や新陳代謝を上げる効果があり、脂肪燃焼に期待できます。

ポリフェノールは、肝臓を活性化させる働きがあり痩せやすい体を作る事ができます。また、肝臓を活性化させる事によってダイエットの後のリバウンドを防ぐこともできます。

クマザサ

クマザサにもアミノ酸が含まれているのですが、クマザサとモリンガの違いはクマザサに含まれているアミノ酸の種類の多さです。クマザサにはなんと25種類のアミノ酸が豊富に含まれています。クマザサのクロロフィル(葉緑素)には、体の中に溜まっている不要なコレステロール・毒素・老廃物など体の不要物を排出してくれる効果があります。さらにクマザサはアミノ酸スコア100を持っていて野菜の中でも貴重な素材です。

アミノ酸は新陳代謝を高める効果や、筋肉を作る素材になるので、アミノ酸がたくさん含んでいるクマザサを摂取すると、脂肪を燃やすだけではなく、体を引き締め痩せる体質作りにも期待できます。