混ぜて飲みにくさ解消!青汁の飲み方まとめ

青汁と牛乳

牛乳は青汁と混ぜることで苦味や風味といった独特の青臭さをマイルドにしてくれます。それ以外にも、牛乳は栄養素の宝庫ともいわれているだけあり、たんぱく質や脂質、ミネラルなどの栄養素が豊富で味だけではなく健康面でも重要な存在です。

また、牛乳は栄養素密度が高く少量で多くの栄養素が取れますので、混ぜて飲む摂取方法でも十分栄養が摂れます。飲み方としてはただ混ぜるだけでもいいですが、はちみつやレモン汁を混ぜることで更に飲みやすくなります。その他にもホットミルクの容量で牛乳と青汁を混ぜたものを電子レンジで暖めて飲んでもいいでしょう。

青汁と野菜ジュース

コンビニやスーパーで売られている野菜ジュースですが、利用する利点として味のバリエーションが豊富な点があります。自身が飲みやすい野菜ジュースと混ぜれば苦手な青汁も飲みやすくなります。また、野菜ジュースには青汁に不足しがちなたんぱく質や食物繊維といった栄養を補えると言った利点もあります。

選ぶ野菜ジュースに関しては脂質多めの食事をされている方はニンジンの成分が多く含まれているものを選ぶといいでしょう。ニンジンにはカロテンという成分が多く含まれているのですが、この成分は脂溶性ですので油モノと相性がいいです。

また、カロテンに含まれる抗酸化作用はアンチエイジングにも効果があります。お酒を多く飲む人ですとトマト成分が多いものがおすすめです。トマトに含まれる酸味成分には胃の粘膜を保護する働きがありますので、お酒以外にも胃の調子が悪い人などには非常に相性のいいものです。

その他にも疲労回復効果も期待できますので普段仕事などで疲れている方にはお勧めの成分です。

青汁とスムージー

この組み合わせは普段スムージーを好んで飲まれる方には混ぜるだけですので手軽に試すことができます。スムージーにはビタミンやミネラルといった代謝アップに効果がある成分を取ることができ、ダイエット効果は勿論、美肌効果にも効果があります。

その他にも混ぜる食材によって得られる効果は豊富で、ほうれん草や小松菜ですとビタミンCやカリウムが含まれていますので高いデトックス効果が、ブルーベリーやプルーんですとアンチエイジングに効果があります。