むくみの原因は?食べるもので解消できる!?

足のむくみで悩む女性は多いのではないでしょうか?実は、足のむくみと言っても、原因は様々で、中には生活習慣や病気が原因の場合もあります。

では、むくみとは一体何なのでしょうか?人の体のほぼ60パーセントが水分なのですが、細胞内で不要になった水分や老廃物が、リンパ管や静脈の中でうまく排出されずに、滞ってしまうために起こる現象です。

どんな事が原因として考えられるのでしょうか?まず考えられるのは、長時間立ったままの仕事や、椅子に座ったままで、同じ姿勢が続いた時のむくみです。血流の流れが悪くなり、血液が滞ってしまう事で起こります。また、運動不足で、筋肉がうまく働かず、血液の循環が上手くいかないため、むくみとなって現れます。

次に、塩辛い食事が好きだったり、アルコールの摂取が多かった時にも起こります。血液中の塩分の量を中和するため、体が水分を体に溜め込み、足や顔がむくんできます。

むくみの主な原因に関しては、足のむくみ取る方法.comも参考になります。

他には、洋服や靴下のゴムや締め付けが強くてむくんだり、ホルモンバランスの乱れからもむくみがでてしまうのです。

これらは、生活習慣によって起こるものですが、心配なのが病気による場合です。肝臓や腎臓の機能低下や疾患がある場合、むくみとなって現れやすく、また下肢静脈瘤という足の血管が浮き出てくる病気の場合にも出やすいようです。

他にも、糖尿病や心臓に疾患がある場合にも出やすいので、運動を定期的に行ったり薄味を心がけているなど、日常生活に不安がない人は、一度病院に相談されるのも良いでしょう。

では、生活環境によるむくみの場合の解消法を考えてみましょう。むくみに有効な栄養素があるのをご存知でしょうか?一番身近な食べ物から有効な栄養素を摂る事により、むくみ解消の効果が期待できます。

わかりやすく、食べ物でご紹介しましょう。まず、ナッツ類、バナナ、豆類、西洋カボチャなどに含まれるカリウムです。体内の塩分の排出を促してくれます。

次に、スイカや豆類に多く含まれるサポニンは、悪玉コレステロールを排出し、利尿作用により、体内に溜まった水分を出しやすくしてくれます。

そして、黒豆、ウーロン茶、コーヒー、緑茶などに多く含まれるのがポリフェノールは、抗酸化作用があり、血液の流れを良くしてくれます。

他に、マグロ、サケ、バナナに含まれるビタミンB6、玄米や豚肉に多く含まれるビタミンB1も血液をきれいにしたり、ホルモンバランスを整えてくれるので、むくみ解消を助けてくれます。

まずは、バランスの良い食事や適度な運動を心がけ、長時間デスクワークや立ち仕事が必須な方は、意識して休憩や体を動かす時間を取るなどして、予防するようにしてください。

また、入浴もむくみ解消に効果的です。1日の最後に、お風呂で体を休めてゆったり過ごす時間を持って、慢性化させないように心がけてくださいね。