格安simは大手キャリアのsimに比べてどれくらい料金が安いのか

格安simの比較
格安simとは、ドコモやソフトバンクなど大手キャリアのsimより安く使える、文字通り格安のsimのことです。

ではこの格安sim、大手のキャリアのsimに比べて、どれくらい安く使うことが出来るのでしょうか?

結論から言うと、大手のキャリアのsimから格安simに乗り換えると、通信費が3分の1ほどになります。

もちろん、スマホの契約状況や、どこの業者に乗り換えるのかによって、微妙に差異が生じるので、一概に言えるわけではありませんが、それでも毎月6000円~7000円ほどかかっていた通信費を、乗り換えで2000円前後に抑えることが出来ます。

なので、料金面だけで見ると、格安simに乗り換えない理由などありません。それなら皆格安simに乗り換えるはずだ、そうならないということは何か裏がある、そう考える方もいるでしょう。

確かに料金が安いだけあって、格安simには大きな欠点が3つあります。それは、通信速度が遅くて不安定なこと、クレジットカードがないと決済がやりにくいこと、そして自分で初期設定をしないと使えないことです。

このうち、初期設定と決済の問題は、ネットで調べながら自分で設定をする、(カードを持っていない場合)クレジットカードを作る、という解決策がありますが、通信速度の問題はいかんともしがたいです。

通信が混みやすい時間帯は、主に夕方から深夜なので、その時間帯にスマホの使用を避けるという手もありますが、(朝から昼にかけては、大手キャリアのsimと通信速度は変わりません)それが出来ない環境なら、ある程度通信速度が低下することを我慢するしかないでしょう。

このように格安simには、通信速度が遅めな上に初期設定が面倒くさいという欠点がありますが、料金が圧倒的に安いという長所は、それを凌駕するものです。

特に、毎月ほとんどスマホや携帯を使わない人の場合、月1000円以下に通信費を抑えることも可能なので、格安simに切り替えをしない理由がありません。

ですので、スマホの利用頻度が少ないなら、格安simに乗り換えてみましょう。そうすれば、毎月5000円はお金を浮かせることが出来るでしょう。

まとめると、格安simには通信回線の不安定さや、設定の面倒さという欠点がありますが、圧倒的に料金が安くなるという長所も兼ね備えています。

ですので、通信費の高騰に悩んでいる人や、家族のものも含めて2台、3台スマホを持っている人は、通信費節約のため、一つくらいは格安simに切り替えてみるとよいでしょう。

格安simの特徴とメリット